事故車は売却できる

事故車は廃車買取専門店で売却できる

事故を起こしてしまった車はコンディションによって査定額が付きませんので売却が難しくなってきます。中古車業界では修復歴車と呼ばれていますが、事故によって修復歴と判断されれば査定額が大幅に減額されてしまいます。年式や走行距離によっては中古車査定では価値がつかないケースもありますので、その場合には廃車専門の買取店で売却するのが良い方法です。

廃車専門店ではどんな車でも買い取りするのが基本となりますが、事故車や不動車でも買い取りが可能です。事故で大破した車は価値が全く無いように感じますが、廃車専門の業者では色々な方法で処分できるため高額査定を付けることが可能です。大きな損傷がある事故車の場合、修復すると査定額よりも高い修復費用がかかる場合もあります。ですから中古車査定のように車として販売するだけが廃車業者が買取りできる理由ではないと言えます。

事故車でも買取りできる理由には、車としては価値がなくても個々の部品は価値を持っている点が挙げられます。事故で壊れてしまった車でも事故の影響が及ばない部品もありますので、取り外して中古部品として販売することが可能です。中古部品としても販売できない場合には、解体されて資源に生まれ変わらせることが可能です。車の形をしていなくても処分の方法により価値を持たせることが可能ですから、事故車でも高額で買取りが可能です。

事故にあった車でも損傷が僅かであれば修復して中古車市場に流通させることが可能です。人気が高ければ修復歴があっても売れますので、車種によっても処分方法が異なってきます。国内では商品として価値がない場合でも、海外に目を向ければ多くの需要がありますので、輸出によって利益を得ることも可能です。

廃車専門店は解体業者が経営している場合もあれば、整備工場が経営している場合もあります。経営内容によって流通方法が変わるため、査定額にも業者ごとの差がでてしまいます。業者の流通力や販売力の高さが査定に影響を与えますので、査定額を比較するのが難しいという現状もあります。

廃車専門の買取店では色々な方法より処分しているため、それぞれに得意とする流通ルートを確保しています。査定額の違いは中古車査定以上に大きくなってしまいますが、高額査定を望むのであれば一括査定を利用するのが効果的です。複数の業者から見積が提示されますので、その中から条件の良い業者を選んで売却することが可能です。